そして《本当のあなた》が、動き出す

いま心理技術の現場では、医療では治療不可能とされた病気が次々と完治しています。

 

古来より「病は氣から」とはよく言われますが、氣とは意識であり、意識とは脳の使い方・心理パターン・観念・意志など、心の音の集積です。

 

そして見えない心の音が姿を現したのが「言葉」です。

 

ライフチューンは、心理技術と脳科学から「言葉」という音を扱うことで、健康であなたらしい人生を創造していくメソッドです。

 

最先端の心理技術・脳科学は、心の音が現実世界を創造している仕組みを、実用する領域へと突入しています。

ライフチューンのロゴ

LifeTune-ライフチューンの概要

言葉で人生を創る時代へ

私達は、言葉を通じて世界と関わっている

マンガ「ガラスの仮面」より
マンガ「ガラスの仮面」より

視覚と聴覚の重複障害者、ヘレン・ケラーさんのお話は誰もが一度はお聴きになったと思います。

熱血演劇マンガ『ガラスの仮面』では、『奇跡の人~ヘレンケラー~』のお芝居として紹介されているのですが、物語の終盤、目も見えず耳も聞こえないヘレンが、水を触り「ウォーター!」と叫ぶ感動的なシーンがあります。

 

それまで、自分の世界に言葉がなかった彼女が、ものには名前があるんだと発見した瞬間です。

 

この瞬間から、彼女がどれだけのことを認識し、世界への理解が進み、他者とのコミュニケーションが可能になったのか、その爆発的な知覚の拡大は凄まじいものだったと想像できます。

 

この世に存在するありとあらゆるものには名詞が付けられ、それぞれ動きや状態、関連性や構造を伝える無数の言葉があります。

 

これらの言葉が一切なかったとしたら、人間として世界と関わることは不可能なことのように感じます。それもそのはず、

 

まず言葉があり、それが組合わさって世界が創られているのです。

 

ですから、言葉無くしてこの世界の本質と関わることは不可能です。言い替えれば、言葉を駆使すれば能動的に、積極的に世界と関わることが出来る、ということです。

言葉が現実を創造している

言葉が現実を創造している、というとどのような印象を持ちますか? まさか、そんなことあるわけない、そう感じるでしょうか?

 

このメカニズムは、〈細胞生物学〈脳科学〉〈心理学〉〈言語学〉〈量子論〉など、様々な分野からいま急速に解明され、統合的な体系が出来つつあり、《ライフチューン》の根幹を成しています。

 

私たちは、誰もが〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉というものをもっており、それはすべて言葉で説明されます。 

 

 

そして、驚くべきことに私たちは、

 

良くも悪くも、自分のセルフイメージと観念フィルターが真実だと、

 無意識に証明する人生を創り出します。

 

この現象は、自身の〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉が誤っている前提に立ってしまうと、あるゆる判断が不能となるからで、情報処理により生命存続を有利に運ぼうとする人類は、脳を進化させることで、そのように機能させているのです。

 

簡単な実験をしてみましょう。

いま、部屋の中を見渡してそこに〈木製品〉がいくつあるか、数えてみてください。あなたは、部屋の中にある〈木製品〉がいくつあるか数えましたが、〈プラスチック製品〉がいくつあったかは、数えていませんよね?

 

脳は、自分が意識した "問い" だけに反応して "答え" を探しだそうとし、"問い" 以外のことに、そもそも関心を示しません。

あなたがいま、病気・不運で悩まれているなら、それは "問い" が、病気・不運になるような〈セルフイメージ〈観念フィルター〉をベースに、投げかけられているからです。

 

その "問い" に対して、わざわざ病気・不調という"答え" を探し出し、〈セルフイメージ〈観念フィルター〉が真実であることを、証明し続けているのです。

「はじめに言葉ありき」

(新約聖書 ヨハネによる福音書)


「生物学や医学の分野においては無視されているものの、
心が身体を支配するという事実は、
我々が日々の生活の中で体得している、最も基本的な事柄である」

(フランツ・アレクサンダー医学博士)

「言葉は薬である」

(心理学者 ミルトン・エリクソン)

 

「言葉と魔法は、元々一つであり、全く同じものだった」

(精神分析学者 ジークムント・フロイト)

思い込みと癖で創造される人生

この現象をもう少し説明してみましょう。

 

瞬間瞬間に湧き起こる無数の思考や、様々な場面で感じる多様な感情・感覚がどのようなものなのかは、自身の〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉の影響を多大に受けています。

 

例えば、…進みたい方向の前に壁がある…という状況をイメージしてください。
 ある人は、「ああ、こっちに進むのはやめておいた方がいいってことだ」と感じ、
 ある人は、「もう、いつも何かやろうとすると邪魔が入る、なんでなの?」と感じ、
 ある人は、「ようし、この壁を乗り越えてこそ自信もつくってもんだ、やるぞ!」と感じるでしょう。

 

この差は、それぞれの〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉が多分に影響していることが実感頂けるでしょうか?

 


なにかを判断する時の拠り所、基点として、自身の〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉を日常的に使用して居る中、もし「自分の〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉は間違っているかも? 正しくないかも?」と感じていたらどうなるでしょうか?

 

そうです、なにも判断出来なくなってしまうのです。

 

ですから、自分の〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉間違えていない、正しいんだ、という確信を得る為に、それを証明する現実ばかりを選択していくのです。


それは暗闇という世界を、〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉というサーチライトで映し出される現実だけを現実だと認識しているようなものです。サーチライトが映し出している現実以外にも現実はあるのですが、その情報は脳を素通りしてしまい、まるで存在しないかのように扱うのです。


あなたが、「私は無力で、世界は厳しい」という〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉を持っていたなら、「ああ、やっばりそうだ」という体験をした際、その認識が証明されたという感覚を強化していきます。

 

仮にそうではない体験をしたとしても、「たまには、そんなこともある」「それは、運が良かっただけだ」と大して興味を抱かないか、否定的な捉え方をします。その現実は、あたかも無かったことのように、あなたの脳を素通りしていくのです。先ほどの実験で、〈プラスチック製品〉は全く数えなかったのと同じことが、あらゆる場面で生じています。

 

その一方で、「私は無力で、世界は厳しい」ということに関連しそうな情報に積極的に触れていったり、そういう話題に同調したり、実体験を重ねることで、「世界は厳しく、私は無力だ」という強固な認識を持つに到ります。


そして、他人や世界もあなたに対して、より「厳しく、無力な存在」として扱い始めます。あなたが現実だと思っていることは、自分の〈セルフイメージ〈観念フィルター〉に合う様に、どんどんと自動で加工されていくからです。そして、ますますあなたは、「世界は厳しく、私は無力だ」という決定的な認識を持つに到ります。

 


ガンで亡くなられた大橋巨泉さんは、「僕はね、いつかガンになるんじゃないかと、それが心配で怖くて…」といったようなお話をされていたそうです。

 

そして、その言葉は現実化するのです。

 

 

〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉は、ビジネス、夢の達成、人間関係、恋愛、結婚、妊娠、子育て…等々、人生のあらゆる体験に今も影響を及ぼし続けています。

 

その〈セルフイメージ〉〈観念フィルター〉は、実は単なる思い込みや癖でしかありません。なんと、

 

思い込みや癖が、あなたの人生を創り出しているのです。

そして、着替える様に目を覚ます

〈セルフイメージ〈観念フィルター〉のほとんどは、単なる思い込みでしかありませんが、脳は、あたかもそれだけが自分自身や世界であり、それ以外の真実など存在しない、かのように機能します。

 

これが、あなたを縛り続けている、なにか得体の知れないシステムの正体です。単なる思い込み癖であるなら、洋服を着替えるように変えていくことが可能です。

 

あなたは、すっかり忘れているもっと素敵でとてもお似合いの服をお持ちなのです。

 

もし、病気・不調、問題・不運、悩み・不安を生みだし続け、自分の人生を生きる悦びを感じられないのであれば、その人生を創り出している〈セルフイメージ〈観念フィルター〉を、人生を創造し望む結果を生みだすものへと、変えればいいのです。


それが、本来のあなたの姿だと、私どもは信じて疑いません。

 

 

《LifeTune-ライフチューン》は、〈セルフイメージ〈観念フィルター〉を脳科学+心理技術+言語学を駆使し調整(チューニング)するコンサルティングです。

ライフチューンのロゴマーク

本音を表現することの重要性

地球と金星の軌道から描かれる図形 五行

あなたが日々使う言葉の裏には、あなたが気づかない想いが沢山現れています。

 

例えば、

「なんでわかってくれないのっ!」の怒りの裏には、「あなただけには、私をわかって欲しいよ」という寂しさがあるかも知れません。


「殺してやるぅぅぅぅぅっ!」という殺意の裏には、「自分でも訳がわからない程、愛してるの」という愛情があるかも知れません。

「この病気を絶対に治す」という気合いの裏には、「この病気は治らないかもしれない」という不安が隠されているかも知れません。


このように、表現される言葉には、表と裏の意味が同居しているものです。そして、大抵裏の意味の方が本当に伝えたいこと、より強く感じていること、なのです。

 

なのに、表にだす言葉は裏返った方の氣持ちになってしまうのは、多分にあなたの〈セルフイメージ〈観念フィルター〉が影響しています。


そして、一番伝えたいことを言葉にしないが為に、より伝わらない、誤解される、理解されない、表の顔を続けざるを得ない、という状況を招いてしまいかねないのです。こうして、本当の自分の居場所がどんどんなくなっていく感覚を味わいます。

  

では、人生を変えたいと思ったのであれば、どうしたらよいのでしょうか?

 

先ずはあなたの〈セルフイメージ〈観念フィルター〉よく精査してみることです。そして、ご自身の本当の気持ちを良く観察し、表現していない本音があれば表現してみることです。

 

そして、なぜ本音を表現してこなかったのか? なぜ本音を表現するのが困難だったのか? その背景にある、〈セルフイメージ〈観念フィルター〉を手放していけばいいのです。


そうすれば、あなたの日常は徐々に本音が満ち溢れる様になります。表と裏の気持ちの両方を表現することも可能ですし、自分の本音に興味を示し、理解してくれる方ばかりに囲まれることも可能なのです。

どなたでも、あなたらしい人生を創造していけるのです。

 

あなたの日々の言葉が、「一度しかない今日」のあなたを創ります。

 

あなたの言葉は、あなたを幸せにしているでしょうか?

あなたを大切にしているでしょうか?

言葉を左右する思考の癖

本音、というあなた自身の本当の心の言葉は、あなたがあなたらしく居られる世界を創造していきます。しかし、中々この本音を言えない、言ってはいけないと感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


その背景には、私たちが無意識に使用している〈心理パターンというものがあります。心理パターンというと難しく聴こえますが、要は考え方の癖のことです。

人生は思い込みと癖で創られている、と前述しましたが、〈セルフイメージ〈観念フィルター〉が思い込みの部類なら、〈心理パターンが癖の部類です。


〈心理パターンは、ご自身の〈セルフイメージ〈観念フィルター〉と直結し、普段の言葉を左右します。

 

例えば、「問題を回避すること」にモチベーションがもたらされる〈心理パターンを使う人は、本当はとてもやりたいことがあるのに、問題を回避することが先行してしまい、「これ、やりたい」という言葉を飲み込んでしまうのです。

 

そして、本当にやりたいことを先延ばしにしたり、実行しないまま問題を回避し続けることに没頭していきます。本音を表現しなかった自分自身のことよりも、「問題を回避した、不安・心配に対応した」という〈心理パターンを選択し続けることの方が重要になってしまうのです。

 

これにより、ますます本音が言えなくなる、本当の自分を生きられなくなる、という悪循環を繰り返すことになります。

 

この現象は、あまりにも自分の日常に溶け込んでしまっており、

ご自身では気がつきにくいのです。

 

 

ここにはまると、いままで自分がやってきた以外の生き方・やり方など存在しないかのような閉塞感や諦めを感じたり、自分と異なる主義・主張を繰り出す相手と戦い続けることになります。

真夏にロングのダウンジャケットを着込んで、暑い暑いと汗をダラダラ流して死にそうになっているのに、本人はダウジャケットを着込んでいる自覚がないのです。ですから、ダウンジャケットを脱げばいいんだ、というやり方が存在するとは思いもよりません。

 
「ああなるほど、お気持ちはよく解ります。でも、その前に先ずはそのダウンジャケット脱いで、この麻の半袖に着替えませんか?」と、コンサルティングでご提案しているのです。

 

使い続けている〈心理パターン〉が、私たちの人生を豊かに悦び溢れるものにしていればいいのですが、そうではない場合、心理パターン〉そのものを変えていくことで、使う言葉が変わり始め、体験する現実を変えていくことが可能です。

 



実際に、ガン等の重篤な症例を体験される方には、共通の心理パターンがあることが解ってきています。そして、この〈心理パターンを変え、〈セルフイメージ〈観念フィルター〉が変わることで、本当の自分が目を覚まし、自分自身を生きていくことで、病人をやめていく方が続出しているのです。

 

あなたが普段使用している心理パターンは、大丈夫でしょうか?

 

簡単な10の質問に答えて、病氣になる傾向がわかるテストをご用意しましたので、お気軽にご活用ください。そしてご自身ではどうにもならない場合は、


心理技術と脳科学を駆使した、ライフチューンがあります。

問題が起きた時と同じ次元の見方、捉え方をしていては

問題は決して解決されない

 

アルベルト・アインシュタイン / ドイツ・理論物理学者

言霊を意識した波動化粧品