それは革新を起こす音のテクノロジー

あなたは、サイマティクスという科学的なアプローチにより、

生体を構成する様々な音が解明され医療に応用されているのをご存知ですか?

あなたの骨格も臓器も、細胞も血液も、生体のすべてが、
膨大な音の組み合わせにより創られています。

実は、好きな音楽を聴きたくなるのも、風邪をひいて鼻声になるのも、
成長期に声変わりをするのも、すべてはこの音が関係しているのです。

音、という身近な存在には、

従来の方法を革新する様々な可能性に溢れています。

CyamTune-サイマチューンの概要

驚異の学問 サイマティクス!

サイマティクスとは?

ハンス・イェニー博士の写真
ハンス・イェニー博士

サイマティクスは、

 

特定の周波数の音が、

膜や場に作り出す形状やパターン(固有振動)

について研究された学問です。

 

1787年 ドイツの科学者エルンスト・クラドニが、平面の振動を可視化する方法を開発しました。

 

その後1900年代に入ってから、スイスの物理学者で後にサイマティクスの父として知られるハンス・イェニー博士は、音が物質に秩序をもたらし、三次元的な形態や場、一定の周期を作り出すことを証明します。

 

先ずはこのことを、実際の画像や動画で確認してみましょう。

音が形態や場、周期を作り出す

水に現れたサイマティクスの写真

上の画像は、102.528ヘルツで振動する音により水に現れた模様で、書籍【ウォーター・サウンド・イメージ】から掲載したものです。

 

規則的な模様が象られているのが、よく解ります。

 

とても音が作り出したとは思えない、何か器具を使って描いたかのような精密さですが、確かに音による振動だけでこのような模様が浮かび上がるのです。

 

あらわれる模様は、音が振動する速度=周波数を変えると変化し、実に多様な姿を作り出します。

 


このことを次の動画で見てみましょう。 (高音域の音が収録されていますので、ボリュームにご注意下さい)

 

周波数の変化に合わせて、描かれる模様も変化することがよく解ります。

こうしたサイマティクスの特性をアート作品に活用されている方もいらっしゃいます。次の動画を観てみましょう。

 

 

ゴム玉のようなもので擦り続けるとデスクが振動し、その振動によりカラーパウダーが移動していきます。ゴム玉の大きさを変えることで、デスクが振動する周波数が変わり、模様も変化していくのが面白いですね。


音が物質的な秩序と運動をもたらす

 

というサイマティクスの概要が、なんとなくお解りになったと思います。

 

CyamTune-サイマチューンの誕生

サイマティクスの人体への活用

サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士の写真
サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士

さて、ここからがサイマティクスの本領です。

 

英国の医学博士サー・ピーター・ガイ・マナーズは、ハンス・イェニーのサイマティクスの研究に注目し、「複雑極まりない生体ですら、いくつもの音の重なりによって構築されていて、それを可視化することで確認出来るのでは?」という予見を得るのです。

 

 

そして実際に健康な人体を構成する、

 

骨格・血液・臓器・皮膚・筋肉・神経・脳 等々

が持つ固有の周波数を計測し始めます。博士らの研究チームが計測した正常な生体の音は、実に800音を超えます。

 

注目すべきは、この音を異常な状態(機能低下・未発達・損傷など)の生体に聴かせてみると、異常な状態が正常な状態に戻ろうとする回生作用が働くことが確認され、更にその現象には再現性と汎用性があったことです。

 

 つまり、音により生体が正常な状態の秩序を取り戻し始めることが、

臨床で実証されたのです。

 

 

こうして博士らは、実に50年もの歳月を研究に費やし、サイマティクスの原理を医療に活用するノウハウを確立していきます。この療法は、音振療法・音響セラピー等と呼ばれています。

 

 

次の動画には、実際に生体の音を使用した映像が含まれていますので、音が生体構造を作り出す様子をご覧ください。

宇宙で活躍するサイマティクス医療

サイマティクス医療はその有効性がロシアでも認められ、宇宙開発を裏でサポートするツールとして採用されました。

 

宇宙ステーションなど長期の宇宙滞在で大きな課題となるのが、宇宙飛行士の健康管理です。ですが、起こりうる多くの症状に対応可能な医師と医療機器を宇宙に打ち上げ常駐・維持させるのは、莫大なコストが掛かります。

 

そこでロシアの研究チームが注目したのが、マナーズ博士の研究でした。

 

マナーズ博士の研究拠点であるイギリスに渡ったロシアのチームは、博士の研究資料をロシアに持ち帰り独自の進化をさせます。そして、無人でコンパクトな医療機器の開発に成功し、実際にロケットに積んで宇宙へと飛び立ち実用されているそうです。このことは、TVでも紹介されていました。

※サイマティクス療法は、日本では医療認可されておりません。

 

 

このサイマティクスを健康維持に応用する技術を、当社では CymaTune-サイマチューン と名付けました。

 

サイマティクスで、歪んでしまった心身の音を正常にチューニングする、という意味を込めています。

CymaTune-サイマチューンの基本メカニズム

なぜ音で健康維持ができるのか、その原理を簡単に説明します。

 

仮に私たちが誕生した時の状態を、歪みのないまん丸の○としましょう。

 

私たちは人生を歩むことで、外部からの様々な影響を受けながら成長していきます。良い影響もあれば悪い影響もあり、程度の差こそあれ○は徐々に歪な形となります。

 

これは自分自身の個性と人生の目的を知るために必要な体験で、歪むことでご自身の好き嫌いや得手不得手などの偏った特性を知り、その特性を活かして社会的に生きていく選択が可能となるわけです。

 

言わば歪み・偏りという持ち味がポジティブに活かされ、本来の○よりも大きく成長していったと捉えられます。

 


ただ残念ながら、順風満帆な人生はそうはないですよね。多くの場合は歪みを活かせないか、活かそうとしても放置せざるを得ない状況だったりします。


すると、歪みはなんとかこれを活用してもらおうと、体調不良や病氣をはじめ、様々なトラブルや苦難・不運をもたらし始め、私たちにサインとして知らせてきます。


これは、歪みがネガティブな状態として現れてしまったと捉えられます。

 

サイマチューンは、この歪みが活かせず萎縮してしまった○に、

正常な○の音を聴かせることで本来の○以上に大きく成長させていく

極めてシンプルなヒーリングです。

 

その過程で、心身は健康を維持する働きを取り戻します。

 

例えるなら、音痴になってしまった心身が上手に唄えるように、すぐ隣で優しいピアノの先生が伴奏してくれるようなイメージです♪

サイマチューンのロゴ

博士の夢を実現するイーマ・サウンド

株式会社イーマ・サウンドの会社ロゴマーク

イーマ・サウンドとは、ローマ字表記で“E-Ma. Sound(Evolutionary Manners Sound)”「進化するマナーズ音」という意味です。

 


サイマティクスを医療に発展させたマナーズ博士ですが、その夢は当時の科学技術的な制約ですべては実現しませんでした。

 

当時は安定した周波数の音を鳴らし続けるだけでも大変な労力を要したそうで、ましてや複数の音を同時に鳴らすのは至難の技でした。

 

技術的な限界が、より効果的な施術の実現と、容易に施術を受けられる環境拡大の高いハードルとなったのです。

 

 

英国より、博士の研究を初めて日本に紹介した株式会社イーマ・サウンドの松下幸訓氏は、科学技術の進歩を最大限活用し、【ステレオ音源による施術】【音をいくつも重ねる施術】【光を併用した施術】【ご家庭での施術】という、生前マナーズ博士が夢みながらも実現できなかったことを可能としました。

 

更に生体分野を超えて、【宝石】【バッチフラワー】【自然】など多岐にわたる音を活用することで、「健康」の維持に留まらず、ひとりひとりが持って生まれた「個性」という能力の発揮も実現していきます。

 

 

そして、ヒーリングの対象は人間に留まらず、環境・自然といった生命に関わる幅広い分野も視野にいれ活動しています。

 

「博士の夢を超えて、サイマチューンを進化させ続る」それがイーマ・サウンドです。

 

当社では、このイーマ・サウンドを使用し様々なサービスを提供しています。詳しくは、オトカケ♪のページをご覧下さい。