サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士

オックスフォード大学・ソルボンヌ大学・ハイデルベルグ大学卒業。英国とドイツにてオステオパシー(整骨学)と電磁医療で学位を得る。

 

エール大学のハロルド・サクストン・バー博士(生体場エネルギーの研究で有名)やスイスのハンス・ジェニー博士(サイマティクスという音と形状の関係を研究する分野を確立した)やその他大学や学者との共同研究は、数多い。さらに生体磁気を使うことによって医学的診断及び治療、特に音の振動と調和音が人間の身体の構造や科学的な面に及ぼすヒーリング効果、また音と光が我々の環境に及ぼす効果の重要さなどを研究。

 

世界で初めて未熟児の黄疸治療に青色光線を用いた。 1993年に国連から、ダグハマーショルド最優秀賞を受け、人類に貢献したということで「サー」の称号を授与されたほか、M.D.、M.A.、D.O.、D.SC.、Ph.Dなどの号を取得、世界保健機構(WHO)においても活躍される。

 

ホリスティックならびにオルタナティブ(代替)医療にも造詣が深く、多くの国際学会の創設に関わる。 自らも英国でクリニックを開設し、音響療法をはじめ、ホリスティック医療を用いた臨床は数多くある。

 

2009年8月没。

公式ブログ オトカケ♪ハッピーライフ♡

ビジネスで「選ばれる」?~音の観点から考える会社経営 ()
鈴木祐可子です。3月末から、毎週土曜日に、ズーム上で無料オンラインメルマガを開催しています。チラ見せ。この後は質問やプレゼントじゃんけん大会なんかもありました! 普段はゲストをお迎えして、人生を変えるための秘訣や面白い視点をお送りしているのですが「祐可子さんやのんさん(副社長)の話も聞きたいです!」ということで、今回初めて、オープンカウンセリングを開催してみました。「今まで潜在意識の掘り下げをやってきたけれど、御社のようにわかりやすいのは初めてでした」「ほかの方のビジネスコンサルを受けようと思っ
>> 続きを読む

「病気はしたくてしてる」がわからないと、現実は変えられない② ()
今回、ご質問をいただいたのが【原発性無月経・摂食障害】について。弊社でも、自然と摂食障害をやめて月経が戻ったという例があります。最近結果が出た方の場合は、コンサルを開始して、(その後ご旅行に出られたりもしたので中断もしましたが)4カ月ほどで生理が自然とやってきました。 なぜ摂食障害をやめれたんだと思う?という質問に「大人の女性として、愛していいし、愛されていいと心から腑に落ちた」という言葉がとても印象に残っています。 「親からの「愛」がしんどい。」これが摂食障害をすることで伝えようとしていたご本
>> 続きを読む

「病気はしたくてしてる」がわからないと、現実は変えられない① ()
鈴木祐可子です。今日はドキッとするタイトルだけど、「病気はしたくてしてる」がわからないと、病人をやめれないし、やめさせられない…というお話。ちなみにこれは、病気に限らず、お金も、仕事も人間関係もすべて当てはまります。 「治してあげたい!!」と言う気持ちがあると「治されたい人を生んでしまう」のです。 私は、今までの人生の大半を施術家として生きて来ましたが、これに気づいてから、自分が施術家として生きるのをやめました。今、コンサルタントと名乗っているのも、そういう理由からです。 物事はすべてバラン
>> 続きを読む

過去から「宝物」をもらう方法 ()
人生で「あー。あの時バカだったなあ」「こんなことを信じ込んで、ちょっと残念な毎日を生きていたな」ということって、ありませんか? 私はあります。今となっては笑い話にできるようになったけれど、引きこもりをしたり、子育てノイローゼになったり夫の言う通りにしなくてはならないと頑張り続けてみたり…。 どうしてそんなことを起こしていたか?なんのためにそんな現実を創っていたか?は、もう感情的にも思考的にも全部清算済だったんだのですがこの間、おうちdeリトリートで、イベントを開催してくれた著者の片桐あいさん
>> 続きを読む

どんな時でも、共鳴によって世界は創られる。 ()
5月2日から4日に開催した「おうちdeリトリート」は、全てのイベントを開催し、無事閉幕しました♡ 日本国内外よりご参加をいただき、参加者総数はおよそ200名にのぼりました。多くの方のご賛同・ご協力により、開催できましたことを心より厚く御礼申し上げます。  「〇〇だからできない」というのは、本当につまらない。私は、なんでもやってみないとわからないと思っています。失敗してもいいから、やってみたい!と思ったら最後やっぱりやってみたい。(笑) 「じゃあどうしたらできるか?」という観点から多くの方からのご
>> 続きを読む

合同会社A.U.WA

〒145-0075 東京都大田区西嶺町13-16