サー・ピーター・ガイ・マナーズ博士

オックスフォード大学・ソルボンヌ大学・ハイデルベルグ大学卒業。英国とドイツにてオステオパシー(整骨学)と電磁医療で学位を得る。

 

エール大学のハロルド・サクストン・バー博士(生体場エネルギーの研究で有名)やスイスのハンス・ジェニー博士(サイマティクスという音と形状の関係を研究する分野を確立した)やその他大学や学者との共同研究は、数多い。さらに生体磁気を使うことによって医学的診断及び治療、特に音の振動と調和音が人間の身体の構造や科学的な面に及ぼすヒーリング効果、また音と光が我々の環境に及ぼす効果の重要さなどを研究。

 

世界で初めて未熟児の黄疸治療に青色光線を用いた。 1993年に国連から、ダグハマーショルド最優秀賞を受け、人類に貢献したということで「サー」の称号を授与されたほか、M.D.、M.A.、D.O.、D.SC.、Ph.Dなどの号を取得、世界保健機構(WHO)においても活躍される。

 

ホリスティックならびにオルタナティブ(代替)医療にも造詣が深く、多くの国際学会の創設に関わる。 自らも英国でクリニックを開設し、音響療法をはじめ、ホリスティック医療を用いた臨床は数多くある。

 

2009年8月没。

公式ブログ オトカケ♪ハッピーライフ♡

「無料なら良いですか?」って、何がどう良いんだ? ()
バイオサウンド研究所アウワの鈴木です。 先日はすごーく腹が立ったことがあったのですが、それと同時に、すごく大事な「いのちを扱うことの責任」についてお話します。【腹が立ったこと】私は、人間の健康な臓器が創り出している音(イーマ・サウンド®)と、その人が出している言葉(音)を扱って、人生を変えるという仕事をしています。 このイーマ・サウンド®という音は、長い年月をかけ、多くの研究者が携わってできた音であり、これを形にしたイギリスの医学博士・Drピーター・ガイ・マナーズ博士が夢見たことを博士の弟子であ
>> 続きを読む

「あなたってこんな人」って、周りに決められていませんか? ()
バイオサウンド研究所アウワの鈴木祐可子です 子どもが思春期を迎えている(中高生)親は40歳を過ぎて、プレ更年期・更年期に突入しているという我が家。周囲のママ友からも、「昨夜は子供とバトルだった…」とグッタリした話を伺うようになりました。 "思春期のこどもの精神的なアップダウンや自意識過剰にお付き合いするのに時々うんざりしてしまう。""一方で自分も更年期を迎えて、体調のアップダウンが激しいので、話を聞くのもちょっと大変になってしまう。""新学期を迎えて、子どもが学校に行くのをためらいがち…" いろ
>> 続きを読む

おうち時間を人生を変えるきっかけにしよう ()
バイオサウンド研究所アウワの鈴木祐可子です 昨年も開催し、200名以上の方々が参加してくださったオンライン体験型イベント【おうちdeリトリート】。 今年も開催します! コロナ禍はいまだに落ち着かず、またまた緊急事態宣言が発令されそう…という昨今。 どこに行くにも、人との距離を取らなくてはならないどこに行くにも、マスクが必要何をするにも、感染に気をつけて行う…。これほど、他者と繋がること・触れ合うことに気を遣った時代はないのではないでしょうか。 外に出るには、ともかくマスクが必要になりました
>> 続きを読む

あなたを「あなた」として形作るたった一つのものとは ()
バイオサウンド研究所アウワの鈴木祐可子です。 新生活の時期、新しい環境にはだいぶ慣れましたか? 我が家も同じ日に子どもたちが入学式で、家族総出でした。我が家の子どもたちも「緊張する~。明日の学校、なんか嫌だなあ」と、ぼそっとつぶやいています。新しい環境は緊張するから嫌だなあって感じてしまうこと、ありますよね~。不安が強い時期ですが、先週末は不安を安心に変えるセミナー「本当の私に気づく!ココロのレッスンvol.2」を開催しました。 バイオサウンド研究所 A.U.WA 本当のわたしに気づく! ココ
>> 続きを読む

初めてジムに入会した話②~三日坊主になることより、大切なこと ()
これの続き 「ジムに行きだしたんですよ」というと、 「わたしは、長続きしないんですよね~」「いつの間にか通わなくなってしまって…」というお声をよく聞きます。 もももももももしかして…「毎日ジムに行かないといけない」と思っているのかな?そりゃー、続きませんよね。。 実は私は「三日坊主になりに行っています」 【三日坊主になりたい】わたしの場合は、そもそも「運動習慣をつけたい」ということと、「集中して本を読みたい」という2つの目的がありましたが、 毎日歩くのではなく、3日に一度はストレ
>> 続きを読む

合同会社A.U.WA

〒145-0075 東京都大田区西嶺町13-16