病人になるメカニズム

 

2013年度の政府統計では、人口に対する通院者率は37.8%となっており、約10人に4人は、なんらかの病気・不調で通院しています。

 

また2016年、国立がんセンターは、新たに がん と診断される人は100万人を突破し、がん で亡くなる方は37万4000人で過去最高になる、との予測結果を発表しました。

 

これほど多くの方を病気にさせている要因は、一体なんなのでしょうか? 

 


【従来から認識されている病気のメカニズム】

 

一般的な認識では、【食生活】【ウイルス・菌】【ストレス】【環境】【遺伝要因】【生活パターン】といった様々な要因が身体に作用し、病気・不調になるとされています。

 

これに加えて、いま心理と身体の繋がりを解明する最新の研究が、大変注目されています。 

 

 〈精神神経免疫学〉は、心理的因子と自律神経系・内分泌系との相互作用を研究する学問で、古来から言われる「病は気から」の、生物学的根拠を解明し始めているのです。感情を扱う点で、上図の【ストレス】の項目をより掘り下げた学問とも言えます。 

 

 

【精神神経免疫学が解明する病気のメカニズム】

上図の様に、①で認知したネガティブな感情体験という刺激により、ホルモン・コルチゾールが放出され、その作用は全身に影響していきます。

 

そして、感じている感情が表現されれば、身体への影響は速やかに終わっていくのですが、表現しない状態が持続すると上図の反応が慢性的に持続し、様々な病気・不調の地盤を築いてしまうのです。


皆さんは、ゆでガエルの話をご存知でしょうか?

 熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねますが、
 常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていってしまい、
 そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び上がることができず、
 遂にはゆで上がってしまう。

 

という現象です。これと似たようなことが、身体の中で起きているのです。

 
また、上図とは逆の免疫を上げ健康の維持を強化する生体現象もありますが、この現象も、感情が表現されないと過剰な反応となってしまうのです。どんなに身体に良いものでも、食べ過ぎ続ければ具合が悪くなるのと同じです。

 

 

この研究は、世界中の医師の間で賛否両論がありますが、古くて新しい病気のメカニズムとして、対症療法の在り方に一石を投じています。

 

 

Noと言うことを学ぶ機会を与えられずにいると、

ついには私たちの身体が、私たちの代わりにNoと唱えることになるだろう

ガボール・マテ / カナダ・医学博士

 

 

 同じ環境で過ごしても、インフルエンザや花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。

 同じ食べ物を摂取しても、健康な人もいれば、具合が悪くなる人もいます。

 同じ治療をしても、全快する人もいれば、しない人もいます。

 

精神神経免疫学〉によれば、この差は日常生活での感情の抑圧度合いにより生じているのです。


実際に当サロンをご利用頂いている病気・不調の方の全員が、怒り・憎しみ・妬み・憤り・悲しみ・罪悪感・寂しさ・恥ずかしさ…といった、ネガティブな感情を表現しないまま抑圧したり、見ないよう蓋をされていました。

 

生涯を通じて病人を辞めたいのであれば、日常的な感情の抑圧と言う根本原因を解決していく事は大変重要です。 そして、感情を抑圧することは「本当の自分を生きない」ことへと、連鎖していきます。

 

つまり、「本当の自分を生きない」ことが、自分を病人にしているという見方も出来るのです。


お悦びの声

ご利用者様の生の声を、インタビュー形式で動画にまとめました。
是非、ご自分の未来と照らし合わせて、どんな望む人生にするのかご参考になさって下さい。

 

離婚鬱を超えて…シングルマザーでも夢に向かって幸せに生きられる! 


子宮頸癌(前癌状態)が教えてくれた人生の目的…私だから出来ることがある!

努力・頑張りをやめたら、肩こり・腰痛もやめて、転職が叶った!


30年来のアトピー人生を3ヶ月でやめて、幸せな家族へ♡