病人になるメカニズム

 

2013年度の政府統計では、人口に対する通院者率は37.8%となっており、約10人に4人は、なんらかの病気・不調で通院しています。また2016年、国立がんセンターは、新たに がん と診断される人は100万人を突破し、がん で亡くなる方は37万4000人で過去最高になる、との予測結果を発表しました。

 

これほど多くの方を病気にさせている要因は、一体なんなのでしょうか?  


【従来から認識されている病気のメカニズム】

 

 一般的な認識では、【食生活】【ウイルス・菌】【ストレス】【環境】【遺伝要因】【生活パターン】といった様々な要因が身体に作用し、病気・不調になるとされています。これに加えて、いま心理と身体の繋がりを解明する最新の研究が、大変注目されています。 

 

 〈精神神経免疫学〉は、心理的因子と自律神経系・内分泌系との相互作用を研究する学問で、古来から言われる「病は気から」の、生物学的根拠を解明し始めているのです。感情を扱う点で、上図の【ストレス】の項目をより掘り下げた学問とも言えます。 

 

 

【精神神経免疫学が解明する病気のメカニズム】

上図の様に、①で認知したネガティブな感情体験という刺激により、ホルモン・コルチゾールが放出され、その作用は全身に影響していきます。

 

そして、感じている感情が表現されれば、身体への影響は速やかに終わっていくのですが、表現しない状態が持続すると上図の反応が慢性的に持続し、様々な病気・不調の地盤を築いてしまうのです。

 

皆さんは、ゆでガエルの話をご存知でしょうか?

 熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねますが、

 常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていってしまい、

 そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び上がることができず、

 遂にはゆで上がってしまう。

 

という現象です。これと似たようなことが、身体の中で起きているのです。

 

また、上図とは逆の免疫を上げ健康の維持を強化する生体現象もありますが、この現象も、感情が表現されないと過剰な反応となってしまうのです。どんなに身体に良いものでも、食べ過ぎ続ければ具合が悪くなるのと同じです。

 

 

この研究は、世界中の医師の間で賛否両論がありますが、古くて新しい病気のメカニズムとして、対症療法の在り方に一石を投じています。

 

 

Noと言うことを学ぶ機会を与えられずにいると、

ついには私たちの身体が、私たちの代わりにNoと唱えることになるだろう

ガボール・マテ / カナダ・医学博士

 

 

 同じ環境で過ごしても、インフルエンザや花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。

 同じ食べ物を摂取しても、健康な人もいれば、具合が悪くなる人もいます。

 同じ治療をしても、全快する人もいれば、しない人もいます。

 

〈精神神経免疫学〉によれば、この差は日常生活での感情の抑圧度合いにより生じているのです。

実際に当サロンをご利用頂いている病気・不調の方の全員が、怒り・憎しみ・妬み・憤り・悲しみ・罪悪感・寂しさ・恥ずかしさ…といった、ネガティブな感情を表現しないまま抑圧したり、見ないよう蓋をされていました。

 

生涯を通じて病人を辞めたいのであれば、日常的な感情の抑圧と言う根本原因を解決していく事は大変重要です。 そして、感情を抑圧することは「本当の自分を生きない」ことへと、連鎖していきます。

 

つまり、「本当の自分を生きない」ことが、自分を病人にしているという見方も出来るのです。

公式ブログ オトカケ♪ハッピーライフ♡

LonelyからOnlyへ~孤独は本当に嫌ですか? ()
「人生を音で変える」バイオサウンド研究所アウワの鈴木祐可子です。 唐突に伺いますが、 あなたは孤独が嫌ですか? わたしは、つい最近まで孤独は嫌でした。 孤独を好きな人なんて、いないでしょ?と思っていました。 先日コンサルにいらした竹内光さん(仮名)も、そんな方でした。 幼少期に辛い体験をされ、「さみしい」といつも思っていたと言います。"自分の人生に、どうしてこんなにつらいことばかり起きるのか?""私っていったい何なんだろう……"と光さんは様々な学びをされたそうです。
>> 続きを読む

プロに教わって感動した「問題解決の秘訣」とは ()
「人生を音で変える」バイオサウンド研究所アウワの鈴木祐可子です。 私どもでは、がっつりと人生を変える人へ向けて毎週土曜日の夜に「奇跡を起こす会」という無料のイベントを開催しています。 先週は、 事業再生コンサルタントの寺嶋直史先生をお迎えして、「問題解決力の育て方」についてガチな講義をしていただきました。(またしても、安定の写真撮り忘れ)寺嶋先生は、事業再生のほか、経営コンサルタント、著者としてもご活躍されていて以前は大手電機メーカーで半期5000万の売上を3億にしたほど優秀な方で
>> 続きを読む

生きにくさからの脱出 ()
鈴木祐可子です。雨の音で目覚めて、今日はのんびりな朝を過ごしています。起きてすぐ、ホットケーキが食べたくてパジャマのまま、ホットケーキを作りました。料理ブログのように美しく撮れない  ホットケーキには、憧れがあります。それは、ドラえもんに出てくるのび太のおやつのホットケーキ。分厚い2段のが羨ましくて羨ましくて(笑) 自分で作ると薄いのしか焼けず、のび太のお母さんは料理上手だと勝手に決め込んでいました。(まんがなのに!しかもホットケーキ焼けるだけで料理上手認定て!) わたしはなぜか、母にホットケー
>> 続きを読む

本音で働けばうまく行く! ()
バイオサウンド研究所アウワの鈴木祐可子です。涙腺崩壊した人が沢山出た先日のイベント、「ワールドカフェ・こんな未来で働きたい!~本音で働く」。(通称こんみら)20人近い方がお集まりくださり、3時間という長い時間にも関わらず、初めましての方々が活発に対話をしてくださいました。今回は、人材育成コンサルタント・片桐あいさんが弊社のコンサルをきっかけにご自身の本音に気づき、そこから本当の音を実際に「出す!」という行動をとられたことによって、現実が大きく変化していった経緯をお話いただきました。あいさんは、コ
>> 続きを読む

あのひとが仕事で成果が出る理由 ()
「あなたは今の人生に満足していますか?」こう聞くと、「不満は特にないです」という言い方をする方が時折おられます。不満がないことと、満ち足りてることは別です。不満がないことは満足していることとは限らない。不満がなくても満足していないことだってあるのです。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆さて仕事や自己実現において、目標達成ができる人とできない人には、明確な差があります。そこには努力やがんばりといった「目に見えるもの」のほかに、目には見えない「成果の出る音の出し方」が成果を左右する、ということは、実はあまり知
>> 続きを読む

合同会社A.U.WA

〒145-0075 東京都大田区西嶺町13-16